【女性の本音特集】初デートで思わず胸キュン♡した男性の言動

更新日:2019.05.03

片思いの女性とデートの約束ができたら…そこで終わりではありません。初デートを成功させるまで「デートが成功した」とは言えないのです。

せっかく気になる人とデートができるチャンスがきたら誰だって成功させたいと思いますよね。

成功とは…デート中に女性の心を掴んで、初デート後もまた会える関係になることです。

デートの誘いを受けてくれるということは可能性が0ではないという証拠。

ただし、そのデートを失敗してしまうと…せっかくのチャンスを自分のちょっとしたミスや勘違いで手放してしまう危険性もあるのです。

初デートが2人の運命のカギを握る大切なポイント。今回は女性が思わず胸キュンしてドキドキしてしまうデートができるよう、ちょっとしたコツをご紹介していきます。

上手に活用することでこれからの未来に明るく温かい光が差し込んでくるでしょう!

初デートで女性ウケする8つの胸キュン法則

まだお互いのことをよく知らない初デートでも、女性を胸キュンさせる法則があります。女性が持つ本能を刺激することで、女性の気持ちを高ぶらせることができるのは事実です。

どんなに「そんなことで胸キュンするようなタイプじゃないけど…」という場合でもぜひ試してみてくださいね。

どんなタイプであっても女性であれば思わず胸がキュンとなってしまう…そんな女心を掴む8つの法則をご紹介します。

1.こだわりすぎないシンプルファッション

下手にブランドや凝ったデザインを意識していないシンプルなスタイルは鉄板の女性ウケファッションです。

初デートの第一印象は重要なのでちょっと意識を持つだけで雰囲気の良いデートがスタートできます。高すぎず安すぎないこともポイントになります。

ある程度しっかりした素材の物の方が清潔感や誠実さを演出することができるでしょう。

2.常にエスコートを意識する

「女性は守るもの」というのは古臭い固定概念かもしれませんが、女子ウケはバツグン。

ドアは開けてあげる、座る椅子は引いてあげる、買い物の荷物などは持ってあげる…など、デート中にさらりと気遣いを入れましょう。

3.手をつなぐ

初デートでは緊張するかもしれませんが、緊張しただけで終わるのはNG。少しくらい勇気を出して手を繋ぐことはトライしてみてください。

初デートで手を握るのはかかせないドキドキポイントになります。

4.さりげなく車道側へ

道を歩くときは常に「車道側に自分が移動する」ことを忘れないようにしましょう。何も言わずにただすっと行動するだけでOK。

何度も繰り返せば大抵の女性はその優しさに気付きます。「大事にされている」感じが女心をくすぐること間違いありません。

5.目が合ったら笑顔

歯を出してまでの笑顔をする必要はありません。にっこりとほほ笑むくらいがベスト。

デート中に何気なく目が合う瞬間は何度もあるはずですが、その度に笑顔を見せることができれば好印象をしっかりと残せます。

6.基本的には聞き役に

女性は話をするのが好きな人が多いです、おしゃべりではなかったとしても、自分の話を聞いてもらいたいと思う割合は男性より圧倒的に多く、話を聞いてくれる人に好意を持ちやすい傾向もあります。

女性が話をしているときは聞き役に徹して真剣に話を聞きましょう。真剣に聞くその姿には…多少なりとも胸がときめいているはずです。

7.ちょっとしたサプライズ

おおがかりなものではなく、ちょっとした気遣いでできるサプライズを用意するとデートを盛り上げる起爆剤にもなります。

手のひらサイズの小さな花束を用意していたり、そんなに高価でもない手ごろな物であれば…デート中に女性が気に入ったといっていた物をこっそり買ってデートの最後に渡したり。

「自分のために何かしてくれたその気持ち」は女心を掴みます。

8.次のデートの約束をする

次のデートの約束をすることは「またあなたに会いたいです」という告白のようなもの。

さりげなく誘ってみただけであっても内心ドキッとしない女性はいないでしょう。初デートで胸キュンさせるための最後の締めの法則です。

初デートでやってはいけないNG行動6選

胸キュンさせるためには「NG行動を避ける」ことも必須です。

せっかく胸キュンしたとしても女性が幻滅してしまうような言動があれば、胸キュンがなかったことになってしまうくらいの破壊力があることを覚えておいてください。

プラマイ0…ではなく、結果的にはマイナスしか残りません。NG行動をさけて胸キュンの法則を使うことができれば、より確実に「成功するデート」に近づくでしょう。

10分以上の遅刻

多少の遅刻はまだ大目に見てもらえますが、10分が限界だと思っておきましょう。初デートで待たされる女性はプライドが傷ついてしまうので要注意です。

ただし女性が遅刻した場合は10分以上であっても笑顔で迎えてあげてください。不公平に思えるかもしれませんが、ここで不機嫌さを出せばデートの空気は一気に悪くなってしまいます。

デートプランを全く立てていない

「その日にふらふらしてから適当に気になったお店に入ればいいや」…というのは、付き合いの長いカップルがするデートです。初デートで行先も決めてない、お店の予約もしていないでは女性をゲンナリさせてしまいます。

女性にとっての初デートとは、並ばずにスムーズに入ってゆっくり食事をしたり、時間を無駄にすることなく人気のスポットや話題のお店巡りなどをスムーズにできるデートが「当たり前」になっているもの。

デートプランニングからエスコートを受けることを含めて「初デートのお誘い」と思っている女性が多いことをしっかりと把握しておくべきです。

何もプランのない初デートでは「適当に扱われている」と誤解されてしまいます。

デートプランにこだわりすぎる

無計画の初デートも女性の気分を損ねてしまいますが、デートプランニングに力を入れすぎるのも逆効果になってしまうので注意が必要です。

女性を喜ばせてあげたい、カッコいいところを見せたい、という気持ちが強くあるのは良いことなのですが、その気持ちが強すぎると女性は「重い」と感じたり「面倒くさい」と思ってしまうこともあります。

分刻みで移動しなければいけないほどにぎっちりと予定を詰め込んだり、初デートなのに奮発しすぎたディナーを用意していたりするのもNGですね。

「落ち着かない」「ゆっくりできない」というデートは女性を疲れさせてしまいます。「本当の意味で相手を想うデートとは?」…を、今一度考える必要があるでしょう。

1円単位までの割り勘

できるのであればすべて男性が奢ってあげるのがベストです。しかし近年の不景気さから女性側も「できれば奢ってほしい」くらいの軽い気持ちを持っているだけで、デートの割り勘は受け入れ態勢があります。

ただし、あまりに細かい割り勘をするのは絶対にNG。それこそ1円単位まできっちり分けるような割り勘は「ケチな人」を連想させます。

細かすぎて面倒くさいと一線を引かれてしまう可能性も十分にあり得る行為です。割り勘にする場合は100円単位の端数くらいまで男性が出してあげましょう。

自慢話ばかりする

初デートでカッコをつけたい気持ちはわかります。男性であれ女性であれ、その気持ちは共通して持っているはずです。

しかし自分の魅力をアピールするために自慢話をするのはおススメできません。

多少「こんなことがあったんだ」程度の話題にするくらいなら良いのですが、「どれだけ自分がすごいか」を誇示するような自慢話をするのはNG。

1度話すと止まらなくなって…気づいたら一方的な自慢話しかしていない会話になってしまうことも。

はじめのうちは「すごーい!」とキラキラした目で見られるかもしれませんが、時間が経つにつれてその目の輝きは消えていくでしょう。結果的に「つまんないデート」になってしまいます。

ネガティブ発言

自慢話ばかりもNGですが、もっと雰囲気を悪くするのがネガティブ発言です。自分に自信がなかったとしてもそれを初デートでうじうじ告白するのはダメですね。

本当の自分を見せたい気持ちもあるかもしれませんが、初デートではNG。そこまで理解しあえる仲になっていないからです。

自分への自虐ワード、他人の悪口、思っている不満、この3つをデート中は口にしないように意識しましょう。

初デートはどこまでOK?

雰囲気が良ければ特に「ここまで」という規制もルールもありませんが、胸キュンを強くさせるデートで終わらせるためには「手をつなぐ」までに留めておくほうがベストです。

どんなにお互いに惹かれあっていたとしても、雰囲気が盛り上がってその気になっていたとしても「初デートでは手をつなぐ」…まででセーブしておくほうが余韻は残ります。

家に帰ってからデートのことを思い出し、これからの2人の未来を想像することでドキドキも強くなるでしょう。

初デートは人の記憶に残りやすい記念すべき瞬間です。この生涯に渡って残るであろう思い出の中、胸キュンの記憶が強く残る初デートをすることができれば…大成功の初デートになりますね。

脈ナシでも初デートを成功させれば2人の未来は変わる!

デートができる時点で彼女との関係が続く可能性を手にしている状態です。しかし、その気がなくても…女性は気分やそのときの状況でデートを受けてくれる場合があります。

つまり、脈ナシであってもデートに応じてくれるときがあるということ。それでも、チャンスをもらったことに間違いはありません。

初デートで胸キュンさせることができれば、最初は「脈ナシ」だったのにデートの終わりには「脈アリ」になることも十分に期待できます。

チャンスが目の前にやってきたのであれば、あとは努力次第でいくらでも未来を変えることはできるのです!

初デートに必要なことは「相手への思いやりの気持ちをアピール」すること。おもてなしの心です。

このことを土台に考えていけば自然と法則に従って…胸キュンさせるデートをエスコートすることができるでしょう。