社会人でも女子大生でも!秒速で彼女がゲットできるその秘訣、教えます!

更新日:2019.05.03

「彼女がほしい…」と思っても、なかなかその気持ちを解決できないでモヤモヤとした日々を過ごしている人は少なくないのではないでしょうか。

実は女性のほうも「彼氏が欲しい」と思っている人がたくさんいて、同じようにモヤモヤした気持ちを抱えている人たちがいます。

ではなぜ、自分になぜ彼女ができないのか分析してみたことはありますか?

「出会いがないから」とその一言で終わってしまうようでは、この先にも彼女ができる可能性は…はっきり言ってかなり低いかもしれません。

そんな悲しい状況をループしてしまうことがないよう、今回は「すぐに彼女ができる秘訣」を惜しみなく提供します!

ぜひ実行に移して彼女を作ってください!基本をご理解いただければ、秒速で彼女ができることも決して不可能なことではないのです!

まずは彼女ができない「状況」を確認してみる

自分がどうして彼女ができないのか、どんな環境にいるのかを再確認することも重要なポイントです。彼女がほしくても単純に「出会いがない」の言葉で片づけてしまっていては何も変わりません。

彼女ができないのは環境的に仕方ないと「出会いがないせい」にして逃げているだけです。どうして出会いがないのか、出会いがない環境になっているのか、自分自身でリサーチをしてみましょう。

自分の状況を知ることが彼女作りの大切な第一歩になります。

出会いがないって…それほんと?

職場に女性がいない、女友達がいない、家と職場を往復するだけの生活…など、日常的に女っ気が全くない場合には「出会いがない」状況かもしれません。

しかし、職場に女性がいたり、買い物をしたりご飯を食べにいったりする際に店員とお客の関係でも女性に接する機会でもあれば…それは「出会いがない」環境にいるとは言い切れません。

男性と女性が出会えば、お互いの環境や置かれている立場など一切関係なく「出会い」になるのですから。

本当に彼女がほしいのであれば、視野を広げて出会いをチャンスに切り替える行動が求められます。

元カノの呪縛にとらわれていない?

心のどこかで別れた彼女のことを引きずってしまっていると、目の前の出会いも「出会い」と認識できないケースもあります。

彼女がほしい気持ちが少しでもあるのであれば、元カノのことはきっぱり忘れるべきです。女は別れた元カレに関心を持つ人は少ないです。

別れた後の女性は強くたくましいのですでに新しい恋をゲットしている可能性のほうが非常に高いもの。

自分だけ別れた恋人が忘れられずに前進できない環境は…もはや元カノの呪縛といっても過言ではないでしょう。もったいないですね…。

女性の選り好みをしていない?

恋愛感情を持つ相手に対して、誰しもが「タイプ」というものがあるでしょう。これは誰かに指示されて変えられることでもありませんし、ある意味では個人個人の本能ともいうべきです。

しかし、あまりに自分を固定概念で固めてしまうのは損なのです。今までタイプではなく気にしなかった女性でも…少し見る角度をかえるだけで恋愛対象に昇格するパターンもあります。

いったん自分の中の「好みの女性」をリセットする気持ちを持って、周囲を見渡してみましょう。

もしかしたら気づけなかった素敵な出会いがあるかもしれません。

彼女より優先になることってない?

仕事や趣味など、ついつい時間を忘れてしまうほどに没頭してしまうことはありますか?

仕事が楽しい・忙しい人や、こだわりの趣味があって時間を使いたい人は…「彼女との時間」はもとより、「彼女を作る時間」ですら準備できない環境にある可能性があります。

彼女を必要としていないのであればそんな生き方もありですが、少しでも彼女のいる生活を求めるのであれば「自分時間」の采配を見直して「彼女のための時間」を作るべきですね。

彼女ができない環境の人がすべき次の行動は「出会いを探す」こと!

彼女候補となる女性と出会うには…とにかく「会える環境作り」が必要です。

ただ女性とたくさん会えれば良いのではなく、相手の女性も少なからず「彼氏がほしい」と出会いを求めている人であることも条件になってきます。

せっかく出会ってもすでにパートナーがいたり、そもそも出会いを求めていない人であれば、「出会い」の意味がありませんから。

主に出会いの環境作りとしては「友達に紹介を頼んでみる」・「合コンに参加する」・「マッチングアプリや出会いサイトを活用する」と、3つの方法に分かれてきます。

自分に合った方法で環境作りをスタートしてみましょう!

本気で出会いがほしい人におススメの人気アプリマッチングアプリ

自分が持っている繋がりの中で「出会いの場」を確保できないのであれば…マッチングアプリの活用をおススメします。

恋人がほしい人が登録しているサイトなので、最も効率の良い出会いができるからです。一昔前までは「出会い系」というと犯罪や詐欺がイメージされやすいツールでしたが、最近では「現代社会にマッチした最先端の出会いの場」として人気を集めています。

セキュリティ対策を行い安心して利用できるおススメマッチングアプリTOP3をご紹介します。参考にしてみてください!

第1位「Ravit(ラビット)」

2019年人気急上昇の新感覚マッチングアプリの「Ravit(ラビット)」は、AIエージェントが出会いのサポートをしてくれます。

プロフィール作成が苦手な人や、気になる相手とコンタクトが取れても盛り上がる話題ができない人に寄り添ってアドバイスをしてくれる最新型のアプリです。

また、急に時間が空いたときでも「今日会える機能」の活用で時間の埋め合わせと同時に新しい出会いも!

有料期間中に恋人ができなかった人には無料で延長サービスもあります。試してみる価値はあるかも!

第2位「Pairs(ペアーズ)」

出会い系アプリ業界の中で有名な「Pairs(ペアーズ)」。国内最大級の登録者を誇る大手サイトになります。登録者が多ければその分の出会い確率も期待が持てそうですね。

Facebookを紐付けるというカンタン登録が人気です。Facebookを使って出会い系をするなんて…と不安になってしまう人もいるかもしれませんが、実名が公表されることはないので大丈夫です。

第3位「Match.com(マッチ・ドットコム)」

プロフィール画像が16枚も登録できる「Match.com(マッチ・ドットコム)」。

自分アピールのために重要な役割を果たすプロフィール写真は、少しでも良いショットをできるだけ掲載したいと思う人も多く、利用者から人気の機能となっています。

多くのサイトは女性無料が多い中、男女ともに料金が発生するアプリなので本気の出会い探しをしている人ばかり。結婚を前提とした真面目な交際を希望する人におススメアプリです。

彼女がほしくてもできないのは「出会いがない」からだけじゃないかも?

実は、女性が彼氏にしたくないと思う男性には共通点があります。どんなにイケメンでもこのマイナスポイントが入っている人は彼女ができにくいですね。

その一方、外見に自信がない人でもマイナスポイントがない人であれば彼女ができやすい傾向があります。

出会いのチャンスがあっても「彼氏にしたくない男」であれば意味がありません!自分に当てはまる項目がないかチェックをしてみましょう。

<外見編>

◆清潔感がない

これが最もダメなパターン。髪の毛、肌、服装、爪、女性からのチェックポイントはたくさんありますが、どこかに「不潔」な部分があると…これは大きなマイナスポイントになります。

その場でNG判定を下されることも珍しくありません。高級な物で身を包まなくてもいいので、最低限の清潔感は意識しましょう。

◆体臭がキツイ

口臭を含めて体から発せられる臭いがキツイひとは生理的にアウトとされるでしょう。

他のことは多少であれば我慢できても、臭いだけは我慢できるものではありません。

これも身だしなみの一部になりますが、ワキガなどのトラブルを抱えている場合は早めに手術をすることをおススメします。

◆ファッションへのこだわりがありすぎる

こだわりを持つことは決して悪いことではありません。それを個性だと主張する人もいるでしょう。

ただ…一般的に受け入れられないような奇抜なファッションや、特定の素材やブランドに固執したりと、あまりにこだわりがありすぎると女性は引きます。

◆ファッションへのこだわりがなさすぎる

「着る物なんてなんでもいい」と適当にある服だけで生活している男性は少なくないと思います。

ただ、デートであってもあまりに適当すぎる服装にげんなりする女性もいます。シンプルで清潔感がある服であれば無難ですが、雑誌を参考に「お出かけ着」くらいは用意しておくと良いですね。

<内面編>

◆ネガティブマインド

考え方がマイナス思考だったり、消極的な人も彼女ができにくいですね。

母性本能をくすぐる…として、面倒見たがりの女性とマッチするかもしれませんが、そんな母性愛あふれる女性と出会う確率は低いでしょう。

ネガティブな発言が多いと一緒にいる人まで暗い気持ちになってきてしまいます。

せっかく「彼女がほしい」というポジティブな気持ちを持ったのですから、その気持ちを軸にネガティブ思考を排除していく意識改革をしてみましょう。

◆ナルシスト

外見に自信があってもなくても、「自分愛」を見せる男性は恋人対象になりにくいです。イケメン好きの女性であればそれでもいいのかもしれません。

何もしなくても女性が寄ってくる男性はもう立派な特技といえるでしょう。

ただ、彼女がほしいと思う人は「何もしないで彼女ができる人」のジャンルには入っていません。

食事中でも鏡を見たり、自分自慢の会話が多い人は「面倒くさい人」・「痛い人」というレッテルを貼られ…「次回」のチャンスが来ないことも多くなってしまうでしょう。

◆ケチ

不景気な時代なので多くの女性は「男性にすべて奢ってもらおう」と考えてはいません。本音としては「奢ってくれたらいいな」程度には思っているでしょう。

それでも食事などで割り勘を普通としている人は多いです。ただし「お金に対して小さい男性」は嫌われますね。

要はケチな人です。割り勘で端数が出てもきっちり1円単位で割ってきたり、割り切れなくて数円多く払うことをアピールしてきたり。何でもかんでも割引を使って節約したり。

こういう男性は女性にとって心が休まらない相手になってしまいます。

◆女性を見下している

会話の中で女性のことを「女」という人はNG。本当に嫌われますので日常的に使ってしまっている人は要注意です。

「女ってこういうの好きだよね~」とか「女はすぐそうだから~」など、通りすがりの女性ですらイラっときてしまうくらいに危険な言葉使いになります。

女性を見下している男性として認識されてしまうので、無意識にでも使っている人は強制的に直すべきですね。

いかがでしたでしょうか。もし自分に当てはまる項目が多くても大丈夫!問題点さえ見つけることができれば、あとは改善できるのですから!

まずは改善できるポイントがあるかないかを見つけることも「彼女ができる男」になるための大切なポイントになります。

本気で彼女がほしいなら…現状の改革が必要不可欠に!

「出会いの環境を作る」・「恋愛対象となる男性になる」、この2つを意識した生活に切り替えることが「彼女ができる」最大で最速の秘訣になります。

出会いの場作りも、外見内面の改善も、本気でやろうと思えばすぐにできるもの。準備さえ整えば…決して大げさではなく「秒速で彼女を作る」こともできるのです。

彼女がほしくてもできないのは現状に問題がある証拠。単純に出会いがないだけではないのです。彼女を作るためにはとにかく現状を変える必要があります。

現状をきちんと受け止めて問題解決のために必要な改善を行い、自分改革をした上で出会いの場に向かえば、社会人でも女子大生でも「恋愛としての出会い」のチャンスはあります。

女性の男性ジャッジのポイントは「減点法」です。今回ご紹介した秘訣をきちんと把握し、最低限「嫌われない男性」になれれば誰にでも恋愛のチャンスは訪れます。

現状を変えることができるのは自分しかいません。自分を信じて正しい現状改革を行い…明るい未来に変えていきましょう!